TAPS ワインカレッジ

ネッビオーロ:ぶどうの特徴とワイン

ネッビオーロ:ぶどうの特徴とワイン

ネッビオーロは、主にピエモンテ州で栽培されている黒ぶどうの一種です。世界でもその名が知られるぶどうで、長期熟成されるワインに最も適した品種の一つと言われます。 ネッビオーロの名前の由来は 「霧」 を意味する 「ネッビア」 で、ぶどうの表皮が蝋分 (ろうふん) に覆われて霧のように見えることと、ぶどうの収穫時期が遅く、ピエモンテ州の秋の風物詩である霧の出る時期と重なることが理由であると言われています。 ネッビオーロの分布とぶどうの特徴 ネッビオーロの産地として有名なのは、ピエモンテ州の Langhe (ランゲ)、Roero...

プロセッコとは?

プロセッコとは?

プロセッコは、イタリアのヴェネト州で造られるスパークリングワイン。その手頃な価格や飲みやすさと、お祝いの席で使うのにも最適なクリーミーな泡で、世界で最も多く販売されているイタリアワインです。 ここでは、プロセッコワインについて、そして、間違いないプロセッコの選び方を学びましょう。 プロセッコという言葉 まずは プロセッコ という言葉について見ていきましょう。...

和食とイタリアワインのペアリング:サーモン(鮭)

和食とイタリアワインのペアリング:サーモン(鮭)

ワインと食事のペアリングは、メインの食材やその部位、調理方などで変化します。 例えば、魚料理においてのペアリングは、魚のどの部分を使うかによって変わってきます。調理方法によっては、その料理の味を変えますし、脂身の割合や旨味も変わるので、それぞれ最適なワインも変わってきます。 今回の記事では、サーモンの切り身から、それぞれの脂身の割合や調理方法によって、どのようなワインが最適かお伝えします。 サーモン(鮭)...

イタリアワインのエリア特性:ロンバルディア州

イタリアワインのエリア特性:ロンバルディア州

ロンバルディアワインの歴史 ロンバルディアでのワイン栽培の歴史は、イゼーオ湖畔での考古学的発見が語るように先史時代にまで遡ります。そののちのローマ人によるより高度なワイン製法が生まれ、この地の有名なワイン造りの基礎となりました。 ローマ帝国時代の退廃によるバーバリアン侵略により、一時ぶどう畑は放棄されました。そのような背景からわずかに残ったぶどう畑を救ったのは修道士たちでした。彼らの懸命な努力と、16世紀後半フランスから優れたワイン造りの技術の伝来により、ロンバルディアで質の高いワインが作られるようになりました。...

イタリアワインのエリア特性:ピエモンテ州

イタリアワインのエリア特性:ピエモンテ州

ピエモンテワインの歴史 ピエモンテ地方に初めてワインをもたらしたのは、他のさまざまな地方と同様、古代ギリシャ人でした。古代ギリシャ人たちはリグリア海に面した港に寄港し、たくさんのワイン入りの樽を降ろすと、それらとともに内陸へと開拓を始め、しだいにワイン造りやブドウの栽培がピエモンテ地方に根付いて行きました。ローマ帝国時代には、ピエモンテのワインとその品質は、確かな評価を得ていたようです。...